占いは自分が信じやすい占術で

星占いの海外と日本におけるルーツは一つだが、海外では何度か衰退し、日本ではずっと継続している。

星占いの海外と日本におけるルーツ

星占いのルーツは実は非常に長いものです。紀元前2千年前には、既に大元となるものが生まれていたのです。その後、紀元前数十年前のころに現代の占星術となるものが誕生したことが、公式の文書に記されています。キリスト教が台頭してきたことによって、ほとんど廃れてしまったのですが、ルネッサンス期に再び注目が集まり、現代に至るまでの流れとなっているのです。なお、現代のように体系付けられたホロスコープを厳格に定めた形での太陽星座を中心に書くものは、19世紀になってから精度を高めるようになったとされています。

日本にはいってきたのは、意外なのですが中国ルートで800年代に空海が持ち帰ったのが最初です。その後、公式書類に12世紀に搭乗しているホロスコープが登場しており、その歴史の古さが実証されています。海外ではキリスト教によって何度か衰退していたのですが、日本国内ではかなり古くから登場しており、その精密さにいたるまで、現代でも評判とされています。

Copyright (C)2017占いは自分が信じやすい占術で.All rights reserved.