占いは自分が信じやすい占術で

東洋にも星占いはあり、中国では独自のものとして研究されていた。日本に定着したのは戦後から。

東洋での星占いの歴史

現代のように西洋星座がメインとなっているのではなく、歴史上は中国や日本独自の星座が存在していました。当時の星座のならびに関しては、非常に大まかな形となっており、当時の歴史の流れを髣髴とさせるものとなっています。一つの星からできている星座をはじめとして、多数の種類が存在していました。歴史上星座は星占いに欠かせない存在となっており、中国では283星座、日本では306星座も存在していました。とはいえ、一般に伝わるものとなるまでには時間が必要だったのです。

中国では占星術は非常に長い間研究を重ねられ、結果として独自の占星術をも生み出す結果となりました。しかし日本では、太陰暦によって生年月日がそれほど流通しておらず、生まれた時間までわからないことが多かったので、占星術が日本で定着するのは、戦後まで待たなければなりません。入ってきたのは早かったので、研究は一部でずっと続けられてはいたのですが、長い時間を経て、現代のように定着することができたといえるでしょう。

話題になっているネタを用意。下記サイトが手軽で便利です

Copyright (C)2017占いは自分が信じやすい占術で.All rights reserved.